クレジットカードの期限について

Posted by ぼびぃ on 6月 7th, 2014 — Posted in 未分類

皆さんは今自分が使っているクレジットカードに期限があるということをご存じでしょうか。クレジットカードを見てみると、確かに期限が書かれているのがわかると思います。もちろんこの期限を過ぎてしまうと、そのクレジットカードは使用できないわけです。

基本的には、期限が来る前にカードの発行会社から通知が来たり、新しいカードが送られてきたりするものですから、それほど心配する必要はないのですが、ふとした時に心配になってしまうようなこともあります。例えば、期限が差し迫っているような状態で、インターネットショッピングをした時などです。場合によっては、仮に期限内であっても、期限が近いようなときには利用できないようなケースもあるようです。

そもそもなぜ、クレジットカードにはこのような期限があるのでしょうか。はっきりした理由はよくわかりませんが、利用者の最新の情報を反映するという目的もあるのかもしれません。クレジットカードというのは、たとえ必要ないと思っていても、1枚くらいはもっておいた方がよい、言ってみれば保険のようなものだと考えている人たちも実はたくさんいます。ですから、使わないけど念のためもっているという人も結構いるのではないでしょうか。

この様な考え方でクレジットカードに限らず、カードローンを所持している人も少なからず存在しています。つまり、もしもの時の為に、念のためにカードローンを一枚保有している人が最近増えているんです。

中でもプロミスならいつでも限度額を引き上げてくれるので、非常に便利です。プロミス限度額引き上げ審査は他のクレジットカードよりも甘めに設定させれているので非常におすすめですよ。

クレジットカードの私が感じるメリット、デメリット

Posted by ぼびぃ on 6月 7th, 2014 — Posted in 未分類

クレジットカードは独自のポイントがもらえたり、カード会社独自のキャンペーンがあって 豪華な賞品が当選するチャンスがあったりとメリットも大きいですし、日本国内だけではなく 現金を持ち歩かなくても大抵どこの国でも利用できるので便利だなと感じる点が大きいですが 使っていてデメリットだなと感じる部分もあります。それは支払い日まで2カ月くらいかかることです。 ]
金銭管理が出来ない人はクレジットカードを使わない方が良いと言われますが、 支払いまでに2カ月かかると何を買って何に支払われた額なのか分からなくなることも ありえます。私は購入してから何が引き落とされたか引き落とされていないかチェックしているので覚えていますが、あの時に買ったものがまだ支払われていなかったのかとびっくりすることが あります。

物は手元にあるものの支払いをおえていないと何だかすっきりしません。 お給料などが入った後に引き落とされるのでお金がない時にでも2カ月後に入っていれば良いから便利と考える人もいるかもしれませんので一概にデメリットだとも言い切れませんがカード決済をしたらすぐに支払われるか2カ月後の支払いになるのか選択出来ればさらに利用しやすいのになと感じています。

クレジットカードのセキュリティ

Posted by ぼびぃ on 6月 7th, 2014 — Posted in 未分類

クレジットカードは、それ1枚で高額な買い物をすることが出来るという便利なものです。
しかしその便利さの反面、不正利用される可能性も指摘されております。
もちろん、クレジットカード会社も、それらの状況を手をこまねいて見ている訳ではありません。
セキュリティを施して、不正利用を防ごうとしているのです。

もっとも一般的なセキュリティとしては、暗証番号があります。
ユーザーが指定した4桁の番号を暗証番号としております。
クレジットカードでキャッシングをしたり、ICチップつきのクレジットカードを専用の端末で処理するときなどに、暗証番号を打ち込みます。

また、セキュリティコードというのもあります。
これは、カード裏面のサイン欄に数字が書いてあります。
オンラインショッピングをするときに、時折セキュリティコードの入力を求められることがあります。

クレジットカードによっては、顔写真入りのクレジットカードもあります。
これがあれば、落としたり盗まれたクレジットカードを他人に不正利用される可能性も低くなるというものです。

そして、ICチップもセキュリティとして有効です。
ICチップはきわめて偽造が難しいとされておりますので、セキュリティに一役買っております。

クレジットカードを利用するときには計画的に使うこと

Posted by ぼびぃ on 6月 7th, 2014 — Posted in 未分類

クレジットカードで買い物をすると支払はその翌月、もしくは翌々月と
なります。クレジットカードを利用するとその都度、ポイントが貯まり
ますから、すべての買い物をクレジットカードで管理していけば、大きな
節約につながります。

ただ、クレジットカードというのは実際には見えないお金がやり取りされる
だけですので、お金を払っているという実感が薄いのも現実です。毎月、
クレジットカードの支払があったとしても、それは、今、購入したものの
支払ではなく、過去の買い物の支払いなのです。

うっかりしていると、その事実を忘れてしまいがちです。クレジットカード
での買い物はお金を前借りして買っているのだということを認識して、
管理をしっかりとしなければなりません。

一番良いのは、食料品や日用品、さらには趣味のものなど、すべてのものを
きちんと家計簿につけ、クレジットカードの支払い分を利用した日に銀行
口座へ移動しておくことです。しかし、この方法は実行するのになかなか
難しいものがあります。

ですから、月にいくらくらいをクレジットカードで支払っているのかを
おおよそ把握したら、その分についてはお給料日にすぐにクレジットカード
の利用料が引き落とされる口座に移動してしまえばいいのです。

メインカードとサブカードの役割

Posted by ぼびぃ on 6月 7th, 2014 — Posted in 未分類

皆さんは、クレジットカードを何枚持っていますか。
1枚しか持っていない人、3枚は持っているという人、10枚以上は持っているという人、そして1枚も持っていないという人もいることでしょう。
もちろん、その人が何を求めているかによって、クレジットカードの必要とされる枚数は異なります。
しかし、一般的に言うと、2枚というのが理想的です。
1枚をメインカードとして利用して、もう1枚をサブとして持っておくというやり方です。
このサブカードというのは、メインカードのスペックによって役割が異なってきます。
メインカードがきわめて優れたクレジットカードであるならば、サブカードは本当にいざというときのバックアップ的な役割で大丈夫です。
最近では、優秀なクレジットカードが増えてきましたので、こういったカードの持ち方も可能となっております。
一方で、メインカードのスペックが若干不満であるならば、それを補うべくサブカードを選ぶといいでしょう。
例えば、メインカードに海外旅行傷害保険が付帯していないというのであれば、サブカードには海外旅行傷害保険が付帯したカードを持っているといいでしょう。
しかも最近では、年会費無料で保険付帯というクレジットカードもあります。